Code Example‎ > ‎

Appconfig



Appconfigの機能を用いる事で、永続データ保存領域にデータを保存する事が可能になります。

新規プロジェクトの作成

Eclipseのメニューから[New]-[Project]を選択し、[New Project]ダイアログボックスで、"Droidget Wizards"-"project"を選択する。

Appconfigを使用したWidgetを開発するには、FeatureでAppconfigの設定をおこないます。Featureの右手にある[Add]ボタンを選択します。


[Feature]ダイアログボックスが表示されるので
http://bondi.omtp.org/api/appconfig
を選択します。


Featureの項目に、
http://bondi.omtp.org/api/appconfig
が追加されるのを確認してください。



[Finish]ボタンを押し、プロジェクトを作成します。
Featureの設定が反映されるとconfig.xmlに、<feature name="http://bondi.omtp.org/api/appconfig" required="true"/>が追加されます。

config.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<widget id="AppconfigSample_1279635473326" version="1.0" width="300" height="200">
    <content src="index.html" type="text/html"/>
    <name>AppconfigSample</name>
    <description>The sample of AppConfig</description>
    <author url="http://www.gclue.jp">GClue</author>
    <icon src="icon.png"/>
    <license>(c)2010 GClue KK</license>
    <feature name="http://bondi.omtp.org/api/appconfig" required="true"/>
</widget>

JavaScriptファイルの作成

src/jsフォルダを作成し、script.jsを新規で作成します。

src/js/script.js
var KEY = "common.sample0";

// Save
function saveData(mMsg){
    bondi.appconfig.set(KEY,mMsg);
    alert("save data");
}

// Load
function loadData(){
    var value = bondi.appconfig.get(KEY);
    alert("load data:"+value);
}

index.htmlファイルの編集
index.html
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
    <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
    <meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
    <title>AppconfigSample</title>
    <script type="text/javascript" src="js/script.js"></script>
</head>
<body>
    <button onclick="javascript:saveData('TEST');">Save</button>
    <button onclick="javascript:loadData();">Load</button>
</body>
</html>


パッケージング

次に、パッケージングをおこないます。Eclipseの[Droidget]-[Packaging]を選択します。

USB経由での転送

USBで開発機と実機を接続し、Eclipseの[Droidget]-[Packaging Install]を選択します。

Web経由での転送

完成したAppconfigSample.wgtをWeb経由で実機に転送するためには、download用のhtmlファイルを作成します。


Download.html
<html>
<head>
    <title>Download</title>
</head>
<body>
    <a href="droidget://www.example.com/AppconfigSample.wgt">AppconfigSample</a><br>
</body>
</html>


実行結果



※ 本チュートリアルで使用している画面は、KDDI/auのIS01の待ち受け画面を使用しています。
Comments