Code Example‎ > ‎

Image


Eclipseのメニューから[New]-[Project]を選択し、[New Project]ダイアログボックスで、"Droidget Wizards"-"project"を選択する。

画像リソースの用意

本処理で使用する画像をsrc/imgに保存します。

     
       droid01.png
        droid02.png



JavaScriptファイルの作成

srcフォルダ以下に、jsフォルダを作成し、script.jsを新規で作成します。

src/js/script.js
function buttonHandler(){
   document.images["htmlImg"].src = "img/droid02.png";
} 


index.htmlファイルの編集

Buttonがクリックされると、src/js/script.jsのbuttonHandler()が呼び出され、画像がかわるようなサンプルを作成します。 

index.html
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
    <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
    <meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
    <title>ImageSample</title>
    <script type="text/javascript" src="js/script.js"></script>
</head>
<body>
    <img src="img/droid01.png" name="htmlImg" />
    <input type="button" id="formBtn" value="Click Here" onclick="buttonHandler()"/>
</body>
</html>

パッケージング

次に、パッケージングをおこないます。Eclipseの[Droidget]-[Packaging]を選択します。

binフォルダ以下に、ImageSample.wgtが生成されます。

USB経由での転送

USBで開発機と実機を接続し、Eclipseの[Droidget]-[Packaging Install]を選択します

Web経由での転送

完成したImageSample.wgtをWeb経由で実機に転送するためには、download用のhtmlファイルを作成します。

Download.html
<html>
<head>
    <title>Download</title>
</head>
<body>
    <a href="droidget://www.example.com/ImageSample.wgt">ImageSample</a><br>
</body>
</html>

実行結果




※ 本チュートリアルで使用している画面は、KDDI/auのIS01の待ち受け画面を使用しています。
Comments