Future Works


GClueでは、Widgetプラットフォームの世界的な普及を目指して、日々技術開発をおこなっています。

現在は、2011年よりサービスが開始される世界の主要通信事業者を主体に構成されるマーケットプレイスであるWACへの対応に向け準備を開始しています。WACのシステムで、世界の主要WidgetマーケットへのWidgetアプリ配信が可能になり、課金網と通信事業社 API(Open API)の連携により、強力な課金網を保持した世界30億ユーザにリーチ新しいマーケットプレイスが開設されます。ネイティブアプリケーションのiTunes AppStore、WidgetアプリケーションのWACというような相互補完のライバル関係になってくると考えられています。

Droidgetの主な機能拡張として
  • デジタルシグネチャへの対応
  • WAC APIへの対応
  • Open APIへのライブラリ対応
  • HTML5への対応
などを予定しております。

また、R&Dの試みとして、独自マーケットプレイスの運用や、AR向けのWidgetフレームワークの開発などをおこなっています。


Widgetは、スマートフォン分野では、まだ開拓され始めたばかり分野ですが、WACやHTML5との融合と相まって、今後大きな世界的なトレンドを作りだしていくものと確信しています。
Comments